不妊治療

結婚したら、子供をつくって育てたい。と多くのカップルが望み、またそれを当然と感じていると思います。
しかしいくら望んでも子供が出来ない、お互い努力はしているのに妊娠しないというカップルが現在ふえています。

この背景には、女性の社会進出による、晩婚化や高齢出産などがありますが、実際に妊娠しない原因はほとんどが解明されておらず、はっきりしません。

子供が出来ないと頭に浮かぶのは不妊症という言葉だと思いますが、不妊症とはどういう状態なのでしょうか。

多くの人が勘違いしていますが、不妊症という病気はありません。不妊症とは子供を作ろうとしているのに子供が出来ない状態を指します。

不妊症は原因不明の場合が多く、日本では10組中1組は不妊症に悩むカップルがいて、どこにも相談できずに悩み続けているカップルも合わせると、もっと多い確率で不妊に悩んでいる人たちがいます

また不妊症が病気であると勘違いし、不妊症である事に気付いていないカップルもいます。妊娠するには、多くの要素が絡み合い、一概には言えませんが、年齢が関与している事は間違いありません。不妊症であると気付かずに、放置して気付いた時には妊娠が困難になってしまい、選択肢が激減してしまうカップルが少なくありません。

なかなか人に相談しにくく、悩みを抱え込んでしまいがちですが、正しい知識と情報を知り、なるべく早く行動する事が大切です。

不妊症について知る事で、治療をするのか、しないのかは個々のカップル次第です。

カップルの数だけ悩みや問題があり、それぞれの答えがあるので、誰にとっても正しい選択はありませんが、生命の誕生という重大な選択を前に誤った解釈や、判断でその選択肢を減らしてほしくありません。

本サイトで不妊治療の知識を身につけ、自分だけでなく、相手や生まれてくる子供の人生について改めて考えて頂けたらと思います。

ページのトップへ戻る